ベビーシッターと保育士の違い

「ベビーシッター」と「保育士」、どちらも「保護者の代わりに子どもを預かりお世話をする」というお仕事です。両者の大きな違いとしては、「資格」に関するものが挙げられます。まず、保育士として働くためには資格の取得が必須です。「保育士」は国家資格です。

資格を取る方法は主に2つあり、1つは大学や専門学校などで保育に関する課程を修了することです。もう1つは保育士国家試験に合格することですが、難易度は高く、独学のみで合格することは難しいです。一方で「ベビーシッター」は、必ずしも資格を必要とするわけではありません。資格が無いというわけではなく、「全国保育サービス協会」や「日本能力開発推進協会」が認定するベビーシッターの資格はあります。

ですがこれらは全て民間の資格であり、これらの資格を持っていないからといって、働いてはいけないということにはなりません。ただ、やはり「子どもの世話をする」という仕事である以上、信頼は重要なものとなってきます。就職を考える際にも、資格を持っている方が選択肢の幅が広がるとも言えます。他の主な違いとしては、「働き方」があります。

保育士は一般的に、保育園や児童養護施設などで、複数の子ども達のお世話をします。一方、ベビーシッターは主に派遣会社などに登録して、そこから個人宅に赴きます。一度にお世話をする子どもの数は1人か2人がほとんどです。働く時間も依頼主の生活パターンによります。

「子どものお世話をする仕事」という点では同じに見えても、実際には大きく異なる2つの職業ですが、親が子どもを安心して預けられる環境を整えるという意味では、どちらも必要な、やりがいのある仕事と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です