ベビーシッターを頼むときの注意

育児は24時間休みがないので大変です。体調の良い時は気持ちに余裕を持って育児に取り組むことが出来ても、病気の時や疲れている時は特に大変です。仕事をしている人なら尚更です。たまにはベビーシッターに子供を預けてリフレッシュするのも良いでしょう。

しかしベビーシッターは託児所などに比べてあまり知られていません。また知らない人を家に入れるのに抵抗がある人もいるでしょう。最近芸能人が、ベビーシッターにカバンや宝飾品を盗まれる事件があり話題になりました。このような事は稀な事ですが、自分が外出中に他人を家に入れるので、このような心配をされる方もいるでしょう。

貴重品や重要な書類などはきちんと鍵のついた所にしまっておくと安心です。シッターさんの行動が心配な方は、部屋にカメラを設置しても良いでしょう。子供の様子も確認できますし、シッターさんも気を引き締めて仕事に取り組むことが出来ます。何人かシッターさんに来てもらい、気に入った人がいればその人を指名する事が出来ます。

シッターさんは他人の家で使い勝手が分からないことも多いので、出かける前には細かく連絡事項を伝えなければなりません。頼むと子供を公園などにも連れて行ってもらえますし、電車やバスに乗ってテーマパークなどに連れて行ってもらう事も可能です。保育園の送り迎えもお願いできます。二人目、三人目の赤ちゃんが産まれた時も、ベビーシッターを活用する事でかなり育児が楽になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です