ベビーシッターの資格

保育士は国家資格が必要ですが、ベビーシッターは認定の資格を習得する事でサービスを提供することが出来ます。この認定資格は民間資格で、資格が無くても仕事をすることは出来ますが、社会的な信頼を得るためであったり、より深くベビーシッターとしての知識や技能を身に付けておくことで、より質の高いサービスであったり、より条件の良い所への就職にも有利になるものと言えます。認定ベビーシッターの資格を取得するのであれば、保育や福祉を学べる学校において取得する方法と、学校に行かなくても全国保育サービス協会が主催する研修を受ける方法があります。この認定ベビーシッターの受験資格は18歳以上で、先ほどの全国保育サービス協会が主催する研修を2つ受講していることに加え、実務経験が一定以上あることが条件になっています。

資格を取得するまでには約4カ月以上かかり、試験は年1回のみ行われ、指定された場所まで受験しに行くことになりますが、東京・大阪・福岡の全国3か所で試験が行われるので、どの会場で受験するか最寄りの会場を選ぶことが出来ます。記述式と選択式の問題を90分間で回答し、合格すれば見事認定ベビーシッターとして活躍できるのです。合格率は例年90%を推移しているので決して難易度は高くありません。子供が好きで、小さな子供を持つ家庭の役に立ちたいと思う人は、自分のキャリアアップのためにも是非この資格にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です