スマホ修理ならお任せを
2020年12月3日

故障したときに頼りになるスマホ修理横浜の店舗

スマホ修理横浜の店舗は、スマートフォンが故障したときに頼りになります。仕事だけでなくプライベートでも多くの人が使っているスマートフォンは、便利ですが故障すると生活や仕事に影響が出ます。精密機器なので、トイレの便器に落としたり床に落としたりすると、不具合の原因になります。スマートフォンのトラブルの中で多いのが、水没による故障です。

スマホ修理横浜の店舗には、ダメージを受けたスマートフォンを修理するために多くの人が訪れています。スマホ修理横浜の店舗では、水没による故障にも速やかに対応します。一般的なスマートフォンは、タッチパネルがあるガラス部分と映像が出る液晶画面が別々のパーツになっています。トップクラスを誇る人気製品の中には、ガラスと液晶が一体化した製品もあります。

電源が入ったままで水没して、本体の中に水がj入ると画面が真っ暗になるケースがあります。画面にトラブルが起こらなくても、タッチ操作に問題が出るなど複数の症状が出てきます。全く触っていないのに、勝手に文字入力が始まったりする例もあります。充電口は金属製なので、水没して充電口に水が付くと充電器を接続しても充電できない症状が起こります。

電源が入ったままで水没すると、内部に水が入ってしまいスマートフォンがショートするケースもあります。バッテリーの部分が濡れてしまうと、バッテリーにも悪影響を及ぼします。スマートフォンを洗面所やトイレに落とした後でも、普通に使えるように見えるケースがあります。問題なく使えるように見えても、放置しているとトラブルの原因になりやすいです。

各パーツや内部基盤に水が付着すると状態が悪化する可能性もあるため、症状が軽いうちに対処するのが一般的です。愛用のスマートフォンを水没させてしまったら、すぐに電源を落とします。通電が原因でショートすると、データがなくなるリスクが出てきます。電源が入らなくなり、修理に出してもデータが取り出せなくなるケースもあります。

水没した直後はタオルで拭くよりも先に電源を切り、充電器にも接続しないように気を付けます。電源を落としたらスマートフォンを乾燥させますが、加熱による乾燥は避け自然乾燥を行います。軽い症状なら乾燥すると起動が可能になる例もありますが、水没の場合は何らかの症状が出やすいです。スマートフォンが水没した後のトラブルは、できるだけ早く専門の修理店に相談して適切に対応してもらいます。

スマホ修理横浜のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *