スマホ修理ならお任せを
2020年11月12日

スマホ修理横浜で探す時に重要な事

横浜レベルの大きい都市でしたら、「スマホ修理横浜」という条件で検索すれば多くのヒットが出て来ます。基本事項として、「本体が真っ二つに折れてしまい交換しなければならないレベルの場合は公式修理」で「部品交換レベルの破損で内部データーの救出を考えたい時は非公式修理」と覚えておくと分かりやすいです。ちなみに、公式と非公式の違いはメーカーの公認があるか否かという点のみですので、非公式の方が何か犯罪的に心配になる様な事と繋がっている等と言う事はありません。あるいは町の電気屋さん等で、スマホの修理も扱っているという様なお店が非公式店という事になります。

スマホ修理横浜と入れたら、横浜レベルの街でしたら間違いなく多くのヒットが出て来ます。公式修理の方はメーカー公認店という事で、大概の場合は大規模家電量販店が認可を受けている事が殆どです。こっちも「スマホ修理横浜」で多くのヒット数が出て来ますが、基本的にこっちでお願いすると本体交換処理になる事が多いと思って下さい。メーカーによる方針の違いもありますので必ず事前に調べておいた方が良いですが、此方の場合は1年間の品質保証期間中であっても、有償になる事が少なく無いです。

ただしメーカーから販売店までの、流通事情で問題があって欠損があった場合のみ無料にしてもらえる事が多い事も押えておきたいポイントになります。どっちに持って行けばメリットがあるのかは、一概には言えません。単純に料金面であったり、速度重視の場合は非公式修理の方を依頼した方が、大きいメリットがあります。ただし、例えば水没事故を起こしてしまった様な場合だと、完全修理は難しいです。

基盤内に水が浸入した場合等は大規模修理が必要ですし、『どうしてもデーターを救出したい』とか、『一時的にでも中の内容を見られるようにして欲しい』というケースで一時的に再起動が出来ないかを考える様な物である事を知っておかないといけません。他にも公式修理ではない分だけ、純正パーツではなく同等の性能を持った他所のメーカーの互換性のあるパーツと変える事になりますので、後になってから公式の方の修理をお願いする事態が起きた際にはそれを理由に修理を断られてしまうリスクも受け入れる事が求められます。公式修理の方には、本体交換という非公式には無い切り札がありますので、より綺麗な純正品が戻って来るという点でメリットが見込めます。ただし料金が非公式よりもずっと高く、修理代に関して保険が設定される程という事と、データー回収は本体交換という性質上不可能と思わないといけません。

何処が故障したかによって、対応が変わる面も多いのですが、探す前にこの範囲の事は必ずチェックしておく事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *